セール ショップ

初心者でも「プロのような写真」に近づける!裏ワザテク!!!プロの95%が使っている一眼レフ撮影テクニック


 

 

プロのカメラマンが必ずやっている撮影テクニック。
それは、

「親指AF」

です。
ステージがひとつ上の写真撮影方法です。

 

親指AFは、シャッターボタン半押しの代わりに、
AFスタートボタン(AF-ON)でピントを合わせるピント合わせ方法です。
つまり
通常シャッターボタン半押しで行うオートフォーカスを、別のAF専用ボタンで行うことです。
親指AFとはシャッターボタンを半押しした時に
AF(ピントの自動合わせ)をオフにしてしまい、
ピントはカメラ背面のAF-ONボタンで行うというテクニックです。

 

アマチュアカメラマンは5%しか使ってないけど、

 

プロは95%

くらい使っているというくらい、便利なテクニックです。
以外に簡単にできます。
ピントは親指、シャッターは人差し指と役割分担をすることで驚くほどピント合わせが簡単になります。
なんといっても
「シャッターボタン」の半押しから解放されることです。
微妙な力加減から解放されます。
ぜひCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7i でお試しを!!!
・重さが手頃(軽すぎないのがいい)
・一眼レフカメラのシャッター音が心地よい
・オートフォーカス(AF)で初心者に優しい
特徴的です。

 



 

トップページに戻る