女性の悩みをたった10分で解消!便秘解消にはうつ伏せでゴロゴロ運動で効果的!



現代人を悩ませる「便秘」です。
年々増加している便秘。便秘の原因は食生活の多様化、生活習慣の乱れ、運動不足などが考えられます。

 

便秘を始めとする排便リズムの乱れに悩む人はかなりの数にのぼります。 女性の約6割が便秘になやんでいたり、便秘気味という報告もあります。
女性だけでなく、ある調査によればビジネスマンの約3割が「便通が定期的ではない」と答えており、「1日1回排便をする」と答えた小中学生は4割程度しかいなかったそうです

 

こちらもご参考にしてください
↓   ↓    ↓
【ダイエットをはじめたい!】おいしく続けるスッキリ習慣

 

便秘が本当にキツイ!
実は、

お腹の筋力弱ってませんか?

 

もしかしたら腹筋力不足が原因かもしれません。
弛緩性便秘とは筋肉が衰えたことで腸の運動が鈍くなり、その結果として起こった便秘のことです。筋肉の衰えは運動不足や加齢、無理なダイエットなどにより起こります。高齢者の多い日本では、この弛緩性便秘は便秘のなかで最も多い症例となっています。

 

 

 

便秘には様々な原因があり、食生活の見直しが一番大事とされていますが、現代人に多いのが「筋力の低下」で
便を排出する力が弱くなってるかもしれません。
こちらもご参考にしてください
↓   ↓    ↓
お茶もオリゴ糖もだめだった方へ…たった一杯でどっさり体験!

 

 

 

すごく簡単なのですが、意外と効果的なのがマッサージ。お腹や腰をマッサージすると、直接大腸への刺激となって、ぜん動運動が促されるからです。

 

 

 

慢性的な便秘の人は小腸や大腸への信号が上手く伝わっていない、もしくは機能が低下している恐れが!食べ物で解決できないなら、直接マッサージしてしまうのがいいそうです。

 

 

ポイントはうつ伏せになること、『腸若返り方法』は、うつ伏せです。
うつ伏せというと息苦しかったり体によくないイメージがありますが、実はうつ伏せになるというのは便秘に絶大な効果をもたらすのです
小腸は、大腸と違って複雑な形に折り畳まれています。そのため、通常のマッサージではなかなか刺激しづらい臓器なのです。しかし、うつ伏せになると、お腹の押されて小腸全体がまんべんなく刺激されます

 

 

小腸はすごく複雑に入り組んでいるので、ここの動きが弱まると便を押し出す力がでないのです。そこでうつ伏せ寝!これをするだけで小腸に直接刺激が行くのだとか

 

簡単な10分うつ伏せゴロゴロのやり方

 

1日10分うつ伏せに寝る
うつ伏せになった時に、ゴロゴロ寝転がる動きを5回以上行う

これで、腸が若返ります。

 

 

頑固な慢性便秘に悩まされていた人が、うつ伏せ寝を実践する事で早くも便意を感じたりするそうです。!

 

もっと効果を高めようと思うなら、
1日1回8時間以上何も食べない時間を作ることです。
実は、活発な蠕動運動が開始されるのは体内に食べ物が入ってからおよそ8時間後と決まっていているのです。
小腸が活発な働きをするのは、食べ物が体内に入ってきてから8時間後。8時間たたずに体内に食物が入って来てしまうと、
そこでリセットされてしまい、再び「0分」からカウントがスタートです。

 

夕食は早めに!だらだら遅くまで食べないことです。
毎日良い便通にするには、『空腹時間を8時間以上作る』ことが大事です。
空腹時間は腸の働きが活発になる睡眠中を狙って、夕食〜朝食の時間で8時間を作るのが効果的です。

 

 

 

こちらもご参考にしてください
↓   ↓    ↓